器具についての注意

腰痛改善のためには、目に見えるなにかを取り入れたらどうかと述べました。その道具や器具についての注意をさせていただきます。まず、ストレッチを補助してほしいのか、日常の中で取り入れて補助してほしいのかを考えてください。道具は便利です。ですが、使わないと意味がないのです。

 
今までストレッチをしたことがない方がストレッチをしてみようと考えるのは素敵なことです。そのための意気込みとして、器具を買われるのも自然なことです。ただし、今までのご経験のなかで、買ったままにして使わなかったご経験がある方にはおすすめできない方法になります。また、日常に取り入れられるグッズも紹介しますか、たとえば外でのお仕事が主であまり椅子に座り続けての作業がない方に、オフィスワークの方向けのグッズはおすすめできません。それよりは、姿勢の強制器具のほうが効果があるのではないかと思います。

 
このように、道具といいのはいちがいにおすすめできないものなのです。ご自身で、環境や性格を踏まえた餓えでご購入ください。そうすれば、無駄なおかいものもすることなく、快適に腰痛のケアを考えることができるでしょう。少しでもお役に立てる器具や道具が見つかると幸いです。

 

 

 

コメントは受け付けていません。