怪我をしないトレーニング法

怪我をしないトレーニング法とは、まずとにかくきついトレーニングを積もうとするのはやめたほうがいいと思います。

スポーツはとにかく体力をつけることが重要だとか、トレーニングの量がものをいうという考えは昔からありますが、本当はあまり良くないのです。

そういったトレーニング方法は、逆に体を壊す原因になってしまうことがありますから、気をつけましょう。

それに、どんなにトレーニングを積んだとしても、要はそのトレーニングの目的が何であり、どのような成果が期待できるのかということを明確にしていなければ、はっきりいってトレーニングのプロセス自体が無駄になってしまいかねまん。

つまり、しっかり目的を把握し、その目的を達成できる方法であれば、無理なプログラムを組む必要は全くないということなのです。

一番理にかなったトレーニング方法があるとしたら、それはやはりプロのトレーニング方法を学び、取り入れることではないでしょうか。

プロのトレーニングは体のつくりなどを良く考えてつくられたもので、とても理にかなったトレーニング方法ですから、怪我をしなくて済むのでお薦めです。

 

 

コメントは受け付けていません。