バッティングの指導法

バッティングの指導方法は色々世の中に存在していると思いますが、一番良いのはプロ野球選手などのフォーム理論を取り入れながら、プロを意識したトレーニングができることだと思います。

とにかく走り込みを行い、素振り1000回、体力作りといったがむしゃらなトレーニングを行いなさいという指導方法を行う先生が良いとは一概に言えません。

未だにそういった指導をしている方もいるようですが、そういった理論を後回しにしたトレーニング方法を積み重ねると、選手の体に歪みが生じ、怪我や故障につながる場合も多々ありますから注意が必要です。

体力作りもバッティングも全てどうするのが一番良いのかという理論が存在しますから、まずは理論を頭に入れて、それに沿ったトレーニングを行うことが大切ではないでしょうか。

特に、第一線で戦うプロ野球選手は、フォームも厳選されたトレーニングで形成されたものですから、見本になることでしょう。

何度も言うようですが、トレーニングはきついものをただこなすだけでは成果につながりません。
その目的をしっかり見据えた指導法が重要になってくるのです。

コメントは受け付けていません。