バッティングと腰の回転

良いバッティングをするためには、腰の回転と下半身の使い方が重要になってきます。

バッティングの時に腰の回転が遅ければ、その分スイングのスピードが遅くなるので、バットにかかる力が分散してしまう分、強い打球を打つことができなくなってしまいます。

そして、腰を速く回転させるには、ステップの動作や下半身の動きが大切になってきますから、バッティングの際には下半身の動作にも目を向ける必要があります。

これはやはりプロ野球選手のバッティングフォームをお手本にするのが一番良いと思います。
または、バッティングの基礎理論を学ぶのも良いかもしれません。

プロ野球選手のフォームを真似して素振りを行った際、そのトレーニング中の映像を撮影しておくわけです。

そしてその映像を見直しながら、フォームを修正していきます。
そうすることで、よりプロ野球選手と近いフォームが形成されていくので、腰を早く回転させることができるようになると思いますよ。

しかしながら、無理なトレーニングを行ってしまうと腰を壊す可能性もありますから注意しましょう。

大切なのは無理なトレーニングではなく、理にかなったトレーニングなのです。

 

 

コメントは受け付けていません。